日誌

川崎支部便り(7月第29号)日本の道路のルーツは?②20200627

先月の川崎支部便りはお楽しみ頂けましたか。   (川崎支部長 山岸一雄)

① 「絶対うそを言えない人をひとり、友人に持つと良い。」有るお坊さんの言葉です。先日物故された女優の樹木希林さんは、「おごらず、人と比べず、おもしろがって生きれば良い。」といわれました。あなたならどうしますか?

②日本書紀の第33代推古天皇(在位593年1月~628年4月)の613年(推古21年)11月の記事に、「難波より京に至る大道を置く」とあり、これが日本における道路整備の最初の記述だそうです。当時の「京」は飛鳥に有り、竹内街道は現在の奈良県葛城市と大阪府堺市を結び、現在の国道166号線にほぼ相当するそうです。

③焼き肉料理で、焼き肉のたれを親の仇の様に、多量にかけている方を見ました。焼肉のたれの成分の約1/3は糖質です。次は中濃ソースで、大匙1杯の糖質は5.4gr、ウスターソースは4.8gr、ケチャップは4.7gr、和風ドレッシングは0.8grです。
・日常使用しているドレッシングを糖質が多い順から並べてみましょう解答は本文を見て下さい。「なるほど」と思います。お楽しみに。

全文記載のHPへのアクセス方法
・インターネットから東京都市大学校友会を開く。下記のアドレスにアクセス。
 https://tcu-alumni.jp/branch3/kawasaki  (CTLを押しながらクリック)

詳しくは、川崎支部便り(2020年07月 第29号)(日本の道路のルーツは?②)20200627.docxへ。