日誌

川崎支部便り(2021年01月第36号)(日本の1年間の最後の月②)20210106

ノーベル文学賞候補の作家村上春樹氏が、読者からの質問メールに答えています。(質問)相手にメッセージを伝える時に意識していることは何ですか。 (回答)〇〇〇です。それ以外にありません

平安時代でも挨拶に手紙を使用するのは一部の貴族で、直接会えない様な遠方の方へ賀状を送っていたそうです。この習慣が平安・鎌倉・室町・安土桃山の各時代に行われていました。江戸時代になると、現在の郵便の先駆けとなる「飛脚」が充実し、庶民が手紙で挨拶を済ませることも増えた様です。

ヒツジの母親は、赤ん坊がメエーメエーという声を出しているのを聞き続けていないと、世話行動を維持しないそうです。この事実の為に、長谷川眞理子氏(現総合研究大学院大学学長・教授-夫は東京大学名誉教授)が、北海の孤島、セントキルダ島で野生ヒツジの研究をしていました。

〇〇〇等詳しいことは下記本文を参照して下さい。

川崎支部便り(2021年1月年 第36号)(日本の一年間の最後の年②)20210106.docx

(青色をダブルクリックするか、青色をコピーして新しいウインドウで開くと、見れます)