日誌

川崎支部便り(2021年4月第39号)(忠臣蔵③)20210326

①新型コロナウイルスの集団感染が発生したクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」の除菌作業をした「日本特殊清掃社」江連秀夫氏のアドバイスです。          ・噴霧はしない。アルコールでもウイルスが不活性化するのには〇分~〇分かかると言われています。空間に噴霧してもあまり効果はない。布巾に吹きかけ、拭き取る。  ・拭く時は必ず一方向に。付近でウイルスをはぎ取るイメージです。クルーズ船内では、「上から下、上から下へと一方向に」と説明したそうです。

②不安を抱えたまま、3月12日に儀式はいよいよ始まりました。儀式の最終日の午前11時半頃江戸城・松の廊下で、上野介は突如背後から襲撃を受けました。襲ってきたのは、浅野内匠頭です。ご法度である殿中での抜刀、しかも重大な儀式の途中、前代未聞の行為でした。上野介は背中と額に傷を負い、額の傷口は〇〇cm、骨まで達する深手を受けました。だだ、一体なぜ、自分が斬りつけられたのか、思い当たる節が、上野介には全くありませんでした。

③「赤穂の天塩」の場合は、生産の最終拠点は赤穂(赤穂化成)ですが、原塩は〇〇のシャークベイでとれる天日塩(てんぴえん)を輸入して使用しています。それを赤穂の伝統の技術を生かして国内生産しています。

上記の〇〇は本文を見て下さい。

本文へのアクセス:https://tcu-alumni.jp/branch3/kawasaki (川崎支部HP経由) https://tcu-alumni.jp/branch3/blogs/blog_entries/view/508/359b20431aad9361c4db62305f460a0e?frame_id=307

詳しくはこちらへ。川崎支部便り(2021年04月 第39号)(忠臣蔵③)20210326.docx