2020年秋期はコロナ禍が一時的に小康状態であったことから、恒例の2イベントを開催することができました。
結果としては小規模開催となり、巷の家族行事と同規模の催しであったことから、マスク着用の徹底という日常動作でイベントの安全管理は済みました。

しかしながら、イベントの参加者が20人、30人、40人の規模であったらどうだったでしょうか。

・限られた川崎支部のメンバーだけで、人流制御や密防止の差配ができたか?

・参加者の行動制御・制限はできても、イベントとしてリズムや流れのあるリードができたか?

密防止のための参加者の行動制御と同時に参加者に楽しんでもらうためのメリハリあるリードを両立することは至難の業と言えるでしょう。
それ以前に参加者の行動制御をはじめとした安全施策自体がとても難しいものと考えられます。

イベント主催者として、私たちにはこの事例を検証してイベントを実施する上での必要注意事項を集約することが求められます。

このページでは非常時下で実施できたイベントの愛おしいメモリアル・ダイアリーを掲載します。

 

本 このページ の < 目 次 - タイトル >

■2020年度分
①第3回パークゴルフ大会(ご報告-2020.10.31(土)開催)

②第3回ミステリーツアー(運気が上がるパワースポット)(ご報告)