お知らせ

川崎支部 第20回定例講演会【地域の歴史再発見~玉川地域の町名の由来と沿線】         (対面+ZOOM+ビデオ撮影) 川崎支部支部長 山岸一雄

①今回は「東急沿線」を主体として、奥沢(自由が丘クラブを含む)、玉堤(世田谷キャンパスを含む)、玉川田園都市、尾山台、等々力、上野毛、用賀、瀬田等、地名の起こりをわかりやすく説明しました。以下は動画のリンクです。

https://1drv.ms/u/s!AqtToheEzXINg1Zb1ivN9NCcXF7p?e=0J4FLY

 ②一般の参加者には東急勤務、近隣の夫婦、毎回の参加者等、大変好評でした。東急の方は熱心に配布資料(コンビニで印刷しました21ページ)にメモをとり、食い入る様に聴講していました。

③参加希望者から次回も参加したい要望があり、自宅の連絡先メモを頂きました。

東急財団発行の「財団だより多摩川」には、知識工学部自然科学科の中島保寿准教授が研究課題(レーザースキャナーを用いた玉川流域上総層群化石群の3次元構造データ保存法の確立)の概略を記載しています(2021.3最終号)。

二子玉川夢キャンパスの書架(入口を入った右壁面)にあるので、閲覧をお勧めします。

 

連絡先:山岸(k_yamagishi@hexel.co.jp ) (080-9353-4253)