メニュー
Web信任投票について

川崎支部におけるWeb信任投票について

 

 川崎支部では発足時(2011年3月8日)以降、慣例として支部総会を最高意思決定機関として(後年、支部規約として明文化)、支部運営を行ってまいりました。例年秋期に開催される支部総会において、事業報告、会計報告等の活動報告を行う中で、総会に同席された支部会員の方々に承認をいただく形で、支部活動へのご理解と信任を確認してきたといえるでしょう。

 しかしながら、下記記事「Web活用のお知らせ(2015年度) 」の記載にもございます通り、川崎支部の組織が固まり、軌道に乗り出して支部活動が年々充実してくる中で、川崎支部管区において、校友会会員数が3000人以上に及ぶ年代的にも多岐にわたる大所帯であることが、校友会本部事務局の援助を得た調査によって明らかになってきました。

 大勢の川崎支部管区の校友会会員の皆さまに日々の支部活動を周知して、毎年定期的に事業報告、会計報告等の活動報告への投票行動をしていただくには、現在限られた支部運営事務費とマンパワーを活用する中では、家電普及したコンピュータ端末を用いた電子メールとWeb上のホームページを用いることが、効率的かつ現実的と私たちは判断した次第です。

 以後、例年秋期に実施されてきた神奈川県内三支部合同総会とは別に、年度末に事業報告、会計報告等の活動報告や支部役員人選案を支部会員の皆さまにお知らせし、ご理解を得るために、電子メールにて周知し、またこのホームページ上に掲載して、信任投票をお願いしております

 

 過去、このホームページ上に掲載された「Web上支部総会」やその「信任投票結果」の記事は、上のメニューボタン「2019年度以前」をクリックしてご覧ください。

Web活用のお知らせ(2015年度)
支部長 赤津 武雄(S40電気)

 川崎支部会員の皆様にはご健勝のこととお喜び申し上げます。さて川崎支部は旧武蔵工業会と旧美砂会が一緒になって、校友会としての支部総会を最初に行った支部です。
 そこで旧武蔵工業会と旧美砂会の役員で会の運営やイベントについて検討してまいりましたところ、一応の意見集約を得ましたのでここにご報告申し上げます。
 校友会の集計によりますと出身大学別の川崎支部会員数は、武蔵工大 1,842名、東横学園1,208名、都市大256名の合計 3,306名となっています。これだけ年代も異なる多くの会員を抱える組織では、財政事情を勘案しながら継続可能な活動を心掛ける必要があります。そうした考慮の結果、イベントの候補として平成27年度はミニハイキングを実施することを目標といたしました。もちろんバスハイクも視野に入れておりますが、貸し切りバスを利用すると選択肢は広がるものの人数が集まらなくてはなりません。
 そこで数回は川崎市の歴史や文化遺産、自然を探索する小規模なものから始める所存です。将来はご家族での参加も考えられると思います。現在第1回目として5月中旬に川崎市北部を念頭にコースの具体化を進めており、4月早々には皆様にご参加の呼びかけを行うことができるように作業を進めております。
 しかしこれとは別に皆様の推薦されるイベントやコースがございましたら、是非情報をお寄せいただきますようお願い申し上げます。以降の実施計画が固まることも大歓迎です。またその際にはぜひご案内役もお引き受けくださるようお願いします。
 通信費の問題もありますので皆様へのご連絡は今後メールや校友会のホームページを利用することになろうかと思いますが、よろしくご配慮の程お願い申し上げます。なお支部窓口として副支部長の岸野哲(S42経営、kishino7@gaea.ocn.ne.jp)を指名いたしました。共々よろしくお願いします。