日誌

2019年8月の記事一覧

川崎支部便り(2019年9月 第19号)(せたがやゆかりの人-石川達三③)20190824

今月の川崎支部便り(2019年9月 19号)はせたがやゆかりの人(石川達三)です。昭和15年(1940年)から昭和38年(1963年)まで世田谷区の奥沢に住んだ秋田県出身の小説家で、九品仏小学校の初代PTA会長になり、「自分の子供たちを、あまり都会的な小生意気な人間にしてしまいたくない。また、あまり泥臭い田舎のものにしてしまいたくない。さういう点、九品仏は東京でありながら適当に田舎だ」と言っていました。また、「蒼茫(そうぼう)」で第一回芥川賞を受賞しました。ゴルフは大好きですが、犬は嫌いでした。

落語家の柳家一琴の講演会に参加した時の面白話や、トヨタが2009年から2013年迄税金を払っていなかった理由等も記載しました。

詳しくはこちらへ。川崎支部便り(2019年9月 第19号)(せたがやゆかりの人-石川達三③ )20190824.docx

0

第2回ミステリーツアーのご案内(2019.09.28(土)13時開催)

川崎支部主催の第2回ミステリーツアー開催のお知らせです。

日時:2019年09月28日(土)  13:00~15:30

川崎の史跡を通して歴史をめぐる「ちぃ散歩」です。
例えば、「関東の正倉院」とも言われる関東地方屈指の古刹や古代の丘等の魅力あ
るルートです。
◎参加費: 無料。お茶をお渡しします。(年齢・性別・国籍は問いません)
◎集合場所: 南武線武蔵新城駅改札 13:00
◎雨天時: 小雨では開催しますが、強雨・強風時は取止めです。
◎服装: スニーカー・ポロシャツ等の軽装でお願いします。
◎参加方法: 連絡先(山岸)迄、メールか電話で連絡をお願いします。
◎締切日: 2019.09.22(日)18時迄
◎ルート: 当日のお楽しみです。(子供様の参加もお待ちしています。)


おまけ  落語の噺に「蒟蒻問答」(こんにゃくもんどう)を作る時に、お坊さんが関わっていたのは確かでしょう。「般若湯(=酒)」だけではなく、御所車(=玉子)赤豆腐(=鮪)等。隠語を使用するのは、寄付を品物で頂く時に、頂いたものを本堂に張り出します。そこだ「鮪」と書けないので、隠語を使用しました。その他に良く使用する隠語には黄葉(こうよう)(=鹿の肉)麦水(ばくすい)(=ビール) ただ、隠語がばれて商品名になっている物が有ります。「菊水」はお酒のことですが、日本酒の銘柄になりました。「眞露」(じんろ)は禅宗を表す隠語でしたが、韓国のお坊さんがばらしたのでしょうか。 
主催:東京都市大学 校友会 川崎支部 連絡先:山岸(080-9353-4253)

詳細はこちらへ。お知らせ文(ミステリーツアー)(20190928開催)20190817.docx

0